Jazz Koto x Guitar Live in 高円寺

熱汁祭ミニステージ 2019/2/17 は 14:30~

熱々スープフェスのミニステージにて箏(琴)とギターDuo演奏します。

寒さ厳しい2月!
温かくて美味しいスープを飲んで心も体も暖かくなる恒例のスープイベント「第3回 熱汁祭(あつじるさい)」を開催します。
今年も高円寺駅前北口広場に杉並区の人気店が集合!音楽やパフォーマンスも楽しめます。
当日飲めるスープなどの最新情報は熱汁祭公式Facebookページで発信中!

イベント情報

・開催日 2019年2月16日(土)17日(日)
・開催時間 両日11:30~15:30
・開催場所 高円寺北口駅前広場

<開催場所>
高円寺北口駅前広場

600円(2杯分)
※お好きなスープ2種類を選べます。

<出店ブース>
15ブース予定

続 箏のチューニングから。 Bebop の ドレミ

箏の調弦 チューニング。

13本の絃を、ドレミ調弦にして コードを学びます。
一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 斗 為 巾
ド レ ミ ファ    ソ  ラ シ ド レ ミ  ファ  ソ ラ
C D E F G A B C D E    F G A

という調弦にしましたら・・・

ジャズ箏レッスンはここから始めます。↓
Barry Harris 式 ジャズのドレミ。

ドレミファソソ#ラシドシラソ#ソファミレド

一二三四五ヲ五六七八七六ヲ五五四三二一

CDEFGG#ABCBAG#GFEDC

箏の調弦 チューニング

13絃の箏

一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 斗 為 巾

C D E F G A B C D E F G A

一から ドレミ~~~

↑ コードをしっかり学んで深く理解していこう。

Modern Jazz Koto

Jazz研究所所長より教わったことを

Jazz箏(琴)研究員 Velvet が書くブログ。

他には、箏でジャズを演奏するにあたり入門編、ポイントを書いていきます。

夜箏曲 Yasoukyoku

13絃と17絃の2面のお箏(琴)とジャズギター、3つの弦楽器が織り成す
ラムセスジャズ。

ラムセスが演奏するのは、直球ジャズ。詳しくは、Web Site を。

http://ramses-world.com

yasoukyoku

Velvet が担当する楽器は 箏(13絃)。

曲の解説は、あらためて紹介していきたいと思います。

☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜

日本古来の伝統弦楽器 “箏” koto がジャズを身に纏い飛翔する。
箏がジャズを引き寄せジャズが箏に魅せられる。

箏・17絃・ジャズギター ユニット ”Ramses”ラムセス
1st Album 「夜箏曲」 ~Yasoukyoku~

箏(琴)
13絃:ヴェルヴェット裕子 / 17絃(Bass):堀籠保美
ジャズギター:宮本政志 (演奏・作曲・アレンジ)

Special Support ☆ ドラム:千光士実

正統派ジャズで真っ向から繰り広げられる魅惑のジャズ箏ユニット、ラムセス。
ジャズの先人達が箏に舞い降り新たな翼で飛翔する。

唯一無二のサウンドで魅了するラムセス・ワールドを体感してください。

—————————————————-

Ramses 1st album [Yasoukyoku]

Two JAZZ-KOTO Unit

13 strings Sou : Velvet Yuko
17 strings Bass koto : Yasumi Horigome (Yasminn)
Jazz Guitar : Masashi Miyamoto
(Compose , Arrangement)
Drums : Minoru Senkouji
—————————————————-

「夜箏曲」 Yasoukyoku

1 Dinner Time / Masashi Miyamoto
2 夜箏曲 (yasoukyoku) / Masashi Miyamoto
3 On Green Dolphin Street / Bronislau Kaper
4 Jitterbug Waltz / Fats Waller
5 Bitter Sweet / Masashi Miyamoto
6 Rachmaninov Piano Concerto No. 2 3rd movement / Rachmaninov
7 Come Rain or Come Shine / Harold Arlen
8 Szabor / Masashi Miyamoto
9 Nuages / Django Reinhardt
10 Pork Pie Blues / Masashi Miyamoto