作曲家としてのTadd Dameronの世界 その2 ”開祖巨匠ビバップモダニズム原点” 

タッド・ダメロン  音の魔術師だ。

ダメロン作曲の続き・・・

Dameronia
Delirium
Dial B For Beauty
Flossie Lou
Focus
Fontainbleau
The Four Ninety
Gnid
Good Bait
Heaven’s Doors Are Wide Open
Hot House
I Think I’ll Go Away
Ice Freezes Red
If You Could See Me Now
I’m Never Happy Anymore
・・・続く。

タッド・ダメロンの作曲した曲の演奏を師匠が抜粋した作曲リストで聴いております。
セレクトした一部ご紹介。

チャーリー・パーカーから、バップ時のさまざまなミュージシャンと共演していた
タッド・ダメロン。

作編曲家として色彩豊かな才能、その存在感。自作曲をオーケストラで表現演奏した1962年の復帰後に録音された作品。ピアノ演奏はビル・エバンスにまかせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です